2012年03月20日

◎山の幸がふんだんに!「けんちん汁」【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】新潟,蕎麦,木久蔵,東京【マラソン1112P10】

◎山の幸がふんだんに!「けんちん汁」【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】新潟,蕎麦,木久蔵,東京【マラソン1112P10】◎山の幸がふんだんに!「けんちん汁」【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】新潟,蕎麦,木久蔵,東京【マラソン1112P10】
¥882円(税込)送料別 カード利用可

ギフト対応 そばの町 古くから乾そばの産地として全国に知られる新潟県まつだい町。 ここで作られる蕎麦はつなぎに海藻(ふのり)を使っています。まつだい町ばかりではなく蕎麦処として有名な十日町市・小千谷市・塩沢町などこの辺一帯の総称新潟県妻有(つまり)地方は織物の産地としても名が知られています。海藻は、この辺りで織り上げた織物を伸ばすときに使われてきたものです。 こんな海藻を最初に蕎麦のつなぎに使った方は偉い!と思います。 お客様からよくあるご質問 こちらではお客様からよく頂くご質問をご紹介いたします。 Q:めんひとすじさんのお蕎麦はそば粉はどの位入ってますか? A:このご質問は「十割から八割、七割程度の答え」を期待されていると思いますが、実際市販されている乾そば(当店の製品も含め)のそば粉の割合は4割から多くて6割程度と思ってください。 「少ないなぁ」と思われるかもしれませんがこれは乾そばの宿命のようなものです。うどん・ひやむぎなどのように小麦粉だけの物と違いそば粉はそれ自体がつながりません(打ち方の問題ではなく!)。 まだ生蕎麦(なまそば)は良いのですが、乾そばは当然乾燥させますのでつなぎが必要なのです。少しのそば粉・つなぎの小麦粉の量の違いで干しておいた蕎麦が乾いて見たらちぎれて床の上に落ちていた!こんな事も良くあるそうです。 当店にもございますが「十割そば」「八割そば」と言った高配分の蕎麦は「低温乾燥法」と言う近代的設備を整えた工場でのみ可能な技術で実現した商品です。 ちなみに「JAS規格で言う蕎麦とは、そば粉の割合が30%以上であること」となっています。 ◆発送についてお読み下さい◆ ●めんひとすじの商品は、無駄な包装にお金をかけないギフト用としても大変喜ばれています。 配達日・時間のご指定も承りますのでご用命下さい。 ●他の商品との同送も承ります。(但し、乾そばは、クール便が大の苦手ですので生麺・生ラーメンとの同送はご容赦下さい。) ●その他ご不明の点はご遠慮なくお問い合わせ下さい。  店長宛メール→ mail ●めんひとすじ取扱商品:新潟県妻有(つまり)地方、まつだい町の特産品,海藻(ふのり)でつないだ、そば(へぎそば・ざるそば・かけそば),うどん,讃岐うどん,ひやむぎ,そうめん,ラーメン,コシヒカリ使用の麺類,魚沼産水稲米使用のお餅,またぎ汁,けんちん汁,きのこ汁,もぐら鍋,お茶,麺ギフト,お中元用品,お歳暮用品,蕎麦,なまそば,生麺,めんつゆ,会津地方のそば,更科そば,御前そば,田舎そば,そば粉,そばがき,薬味,大根,わさび,唐辛子,あんぼ,オークション,共同購入,プレゼントその他お客様が現在ご覧のページは TOP Page -サイトマップ- 「郷土料理・お餅・お米などのページ」 - 「郷土料理 けんちん汁」です ご家庭でお食事時に、またアウトドア−で、おいしく、重宝します。 ◆越後の先人たちの味の知恵を知る◆ 「煮込み料理」は、手間が掛かります。 冬の間、周りを雪に閉ざされた暗い家の中で春の来るのをじっと待つ。昔の雪国の冬期間の生活は、毎日がこのようなものでした。吹雪が続く間は外に出ず、晴れ間がのぞくと、屋根の除雪に明け暮れます。このような生活での食事は、秋の間に蓄えたウサギ・タヌキ・鶏の肉、それに山で採ったキノコ、木の実を保存しておいた物を食べていました。調理法は主に大鍋で煮込んで囲炉裏に掛け、何日もかけて食べる。「越後まつだい郷土料理シリーズ」は、材料も味も昔の越後妻有地方の越冬料理を再現したものです。是非一度ご賞味ください。 「郷土料理シリーズ」は、昔の味を忠実に再現し、また美味しく召し上がっていただくために、最新の設備を整えた工場で念入りに作り上げ、全国の皆様のもとに送り出しています。   ◆「けんちん汁」その仕様◆ おふくろの味、あったかーい味けんちん汁は、その昔中国より伝わり日本では禅寺で始まった料理です。現在では、家庭料理として広く親しまれています。香り豊かな山菜のワラビ・しいたけ・鶏肉・油揚げ・こんにゃく・車麩それにその他の新鮮な野菜を美味しく煮込みました。内容量:820g
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
posted by tjosy at 06:00 | TrackBack(0) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。